街角

温泉で気分は上々!!

〜街角にある温泉〜

   街角の温泉


 私たちの住んでいる街角でも、近くて手軽に「温泉」を楽しむことができる。
それが、銭湯やスーパー銭湯・健康ランドと言われるものである。
昔懐かしい銭湯を見かけることはなくなったが、「スーパー銭湯」「健康ランド」と
呼ばれる大型銭湯が家族連れや若い世代の人気を集めて、
街角の温泉として賑わっている。

◆公衆浴場の定義
 
「公衆浴場法」第1条の規定では、
「公衆浴場」とは、温湯、潮湯又は温泉その他を使用して公衆を入浴させる施設をいう。
「公衆浴場の確保のための特別措置に関する法律」第2条の規定

この法律で「公衆浴場」とは、公衆浴場法(昭和二十三年法律第百三十九号)第一条第一項に規定する公衆浴場であつて、物価統制令(昭和二十一年勅令第百十八号)第四条の規定に基づき入浴料金が定められるものをいう。

また、各都道府県の条例で、
「普通公衆浴場」(おおよそ「日常生活における保健衛生上必要な入浴のために設けられた
公衆浴場」と定義される)と「その他の公衆浴場」(自治体によっては「特殊公衆浴場」とも呼ぶ)に分けられており、「普通公衆浴場」を一般に「銭湯」と呼ぶ。


◆スーパー銭湯の定義

明確な定義は存在しないが、スーパー銭湯(スーパーせんとう)は日本における公衆浴場の一形態。サウナや露天風呂、薬草湯、ジェットバスなど多種多様な浴場を完備して、
また、エステやマッサージ、リラクゼーションといった娯楽施設を備えたレジャー施設。
というものが一応の定義となるだろう。

都市の郊外に施設を構えて、全国に急増している。
料金が安くて楽しめるほか深夜営業の施設も多くあり、手軽に温泉気分が味わえるのが魅力。普段、仕事に追われ温泉地に出掛ける時間がない人、また、休日などに何も予定を立てていない人、金銭的な問題で旅行に行けない人、

などのさまざまな理由で本格的に温泉地で「温泉」を味わうことができない人々にとって、
「スーパー銭湯」は街角の温泉とし私たちの日ごろの疲れをとり、リラクゼーションを与えてくれる存在である。


◆健康ランド

健康ランドについても、明確な定義はないが、
健康ランドとは、ジャグジーバス、薬湯、打たせ湯、サウナなどの多種多様な浴槽、
マッサージコーナー、休憩室、ゲームコーナー、食堂などを有する大規模な入浴施設である。
「クアハウス」とも呼ばれる施設である。

施設によっては、温泉を引き湯しているところやかけ流しができる湯量をもった施設もある。
一般の銭湯と違い、タオル・石鹸・シャンプー・剃刀などの入浴道具が揃えてあり、
館内用の服装(ガウンなど)が貸し出される。

このため、銭湯やスーパー銭湯のようにシャンプーなどを用意する必要がなく、
手軽にいつでも支障なく利用することができる。
また、24時間営業している施設の場合は、大部屋の仮眠室を宿泊施設の代わりに利用できる。しかし、料金は通常の銭湯より高めである。





menu

TOPページ

日本人

歴史と文化

定義

泉質と効能

効果

治療の種類

海外

四季

料理

ペット

街角

保養地


リンク集


プロフィール

メール
Copyright (C)  All Rights Reserved