素人女性は出会い系サイトで援交を募集している

援交とは「援助交際」略称で、出会い系サイトなどで知り合った男性と女性がお金のやり取りをしてセックスやデートをすることですが、世間的には男性が女性にお金を払ってセックスをすることが出会い系サイトなどでの援交という定義とされています。

出会い系サイトは援交でお金が欲しい女性と、援交で手っ取り早く素人女性とセックスがしたい男性が出会うにはとても効率的なツールとなりました。

しかし、援交は対価を渡し性行為をするので、法的にはグレーな部分が多いので基本的に出会い系サイトの運営は援交目的の利用などは禁止しています。そのため出会い系サイト内では基本的に援交という言葉は使わず隠語でやり取りが行われ、個人が自己責任で行う必要があります。

出会い系サイトでの援交をするメリット

出会い系サイトでの援交は基本的に本番行為ありです。最近はプチ援交と呼ばれる、手コキやフェラだけの募集もあります。
基本的にソープ以外の風俗店では本番行為は禁止されているのを考えると、1~3万円程度の援交で本番できるというのはコスパが良いというのはわかりやすいかと思います。

また素人の女性とセックスができるので、風俗店のキャストのようにプレイ慣れしてないこともあり、擬似的な恋愛体験をすることもできます。一般的なセフレ関係のように日頃から連絡をとる必要があったり、関係を切りたい時に女性とトラブルになってしまったりすることも援交であればありません。

出会い系サイトでの援交の場合、基本的に見ず知らずの女性と出会って援交でセックスができるので身バレの心配も特にありません。

また既婚者の女性でも利用できる出会い系サイトの登場により、最近では人妻の援交も存在します。割り切りとも表現されますが、仕組みは基本的に同じです。

人妻に限らず、溜まった性欲を解消するついでにお金を稼げたらラッキーと考えている女性も結構いるのでセックスに対して積極的な女性が援交をやっていることも多いです。

出会い系サイトでは身バレせずに、風俗店よりもコストを抑えてエロい素人女性とすぐにセックスができるのでデートなどを駆使してセフレを作る時間が無い方や面倒を省いてヤりたいと思う方にとっては非常に効率的にセックスができます。

出会い系サイトで実際に援交を探す方法

出会い系サイトでは様々な目的で利用しているユーザーがたくさんいます。そのため素人の援交目的の女性を探すためにも方法は存在します。

まず出会い系サイトのほとんどは目的を絞り込んで検索することができます。しかし援交目的の利用は基本的に禁止されているため、プロフィールに隠語が記載されているかで判断するのがまず有効です。

プロフィール写真なども見てみることが大切です。露出が多い服装の写真であったり、顔から下の下着の写真などの場合は援交目的の利用の女性である可能性が高いです。

自己紹介の文章などで「サポ」や「円」などの記載があった場合も援交目的の女性でほぼ間違いないです。まずはこういった隠語を理解していないと援交目的の女性を探すことは難しくなってきます。

まずは援交で使われる隠語は正確に理解しておくようにしましょう。援交目的の女性であっても、ヤリモクでも何でもいいから援交したいと思っている人は少なく、ある程度常識が有り誠実な男性を好むので、自分のプロフィールなどは真面目に見えるように作っておくほうが良いでしょう。

また援交目的での利用は運営などの監視があるので、プロフィールなどにはそういった記載はせず、実際にメッセージのやり取りで、隠語や遠回りな言い方で援交であることを伝え、具体的な内容の値段や交渉などは、ラインやカカオトークなどのメッセージアプリを使って行うことが多いようです。

出会い系サイトの掲示板を利用して援交を探そう

多くの出会い系サイトには掲示板が用意されており、援交目的の女性は掲示板を利用して多くの男性に発信して相手を探すこともあります。出会い系サイトにはよりますが、アダルトな内容の掲示板も用意されていることがあり、援交目的の男性も多く閲覧するため援交目的の女性の多くは掲示板を利用しているんです。

掲示板にもジャンル分けがされており、アダルトな内容の掲示板でも援交目的のユーザーしかいないということはありません。しかしほぼ全部は援交目的のユーザーであると考えても良いでしょう。

そのためセフレを作りたいようなユーザーはあまり掲示板を利用しません。セフレを作りたくて掲示板を利用しても業者などと怪しまれたり、結局援交目的だと思われてしまうからです。

援デリ業者の見分け方

出会い系サイトには個人ユーザーの他にも援交のデリヘル業者が存在します。基本的にそういった業者はちゃんとした風俗店などの届け出を出しておらず、違法な営業として行っています。

そのため女性の見た目やスタイル、サービスの質はとても悪いです。基本的に援交を探す場合にプロフィールや掲示板などを利用しますが、業者が管理しているユーザーの女性の写真はモデルや芸能人クラスの女の子の写真を使っており実際には写真と全く違う女性が来ます。

またプロフィールなどには、援交目的であることをあまり記載しない特徴があり、やたら長々とエロさをアピールして男性を惹こうとしています。掲示板なども同様で、やたらとすぐ会いたいなどの書き込みをする女性は援デリ業者であることを疑ったほうが良いでしょう。

基本的な見分け方として、まずはプロフィール写真や自己紹介の文章、そして掲示板への書き込みを見て判断します。またそういった点で見分けがつかない場合は実際にメッセージのやり取りなどで分かる部分があります。

最初だけ保証としてお金をもらって、それ以降はいらないと言ってセフレ関係を求めてくる場合も業者である可能性が高いです。基本的にこの場合は最初の一回だけでそれからは連絡がつかなくなるパターンがほとんどです。

具体的には、会話がつながらなかったり、即アポを執拗に要求したり、実際に会う時の待ち合わせ場所の指定にこだわって譲らなかったり、タクシーや車での移動を断ったり、会う前に食事やお茶を誘ってもなにかと理由をつけて断ったりする場合は業者の可能性があります。

もし援交目的の女性のユーザーっぽい人を見つけて、プロフィールや書き込みで判断できなかった場合は実際にメッセージを交換して判断するようにしましょう。またラインなどにすぐ誘導される場合は他の有料のサイトなどに登録を誘導される場合もありますのでこういったこともあれば業者の可能性を疑いましょう。

援交での交渉の仕方

実際に業者かどうか見分けて、一般の援交目的のユーザーを見つけたら次は交渉に入りますが、出会い系サイト内のメッセージで交渉する場合は基本的に隠語でのやり取りになります。

基本的には、ホテル代別のコンドーム有りのセックスが基本となります。しかし手コキやフェラだけの場合もあるので隠語はしっかり把握しておく必要があります。こちらがしたいことなども隠語で伝えるようにしてスムーズに交渉が進むようにしましょう。

また実際に会う約束をして、行為前に直接交渉してみるのも良いでしょう。ただ援交目的の女性も相手と交渉がうまくいかないと時間を無駄にするだけになるので、基本の条件は飲むようにして細かな条件を直接交渉してみると良いでしょう。

あまりに値切ろうとすると、せっかく見つけた相手と条件が合わず、会うことができなくなるので基本的に値切り交渉などはしつこくしないようにしましょう。ただこちらの希望金額を伝えたら承諾してくれる場合もあるので、値段交渉はしつこく感じられない程度にやってみることもおすすめです。

援交の値段相場

出会い系サイトでの援交の場合、一回の平均的な相場は約2万円がほとんどです。女性の年齢が若いほど値段は高い傾向にあります。またプレイに内容によってオプション的な追加料金が発生することが多いです。

基本的にホテル代は負担することになり。代表的な相場を表した隠語で言うと「ホ別煮」などがあります。これはホテル代は別で2万円を表した隠語です。一回の時間はホテルの休憩のチェックインで2~3時間での利用になることが多く、援交の場合もホテルの時間に合わせてプレイすることになります。

また援交をする地域でも相場は変動することがあり、地方になると15000円ほどが基本の相場になることが多いです。都心になるにつれ料金は高くなる傾向にあり、東京などは2万円からが平均的な相場になることが多いです。

東京などは人口も多いため援交をする女性も多く、競争になって女性の容姿やサービスのレベルが高くなっていることも相場が上がっていることに関係しています。基本の料金はコンドーム有りのセックスの場合ですが、コンドーム無しなど追加的な条件で値段も上がります。中には普段できないような3Pなどの複数人でのプレイやSMなどの特殊なプレイをさせてくれる援交もあります。

また本番なしのフェラや手コキのサービスだけの援交も存在し「プチ」や「口割」「手割」などと呼ばれ、基本的に1万円または8000円ほどが相場となっています。本番行為がない場合は車の中や、カラオケボックスのようなホテル以外の場所でも大丈夫な援交の場合もあるので費用を安く抑えることも可能です。

援交からセフレにすることはできるのか

基本的にお金が発生する体の関係の援交から、お金が発生しないセフレ関係になることはほぼ不可能ですが、中には援交からセフレに発展するケースも存在します。それは援交をする女性の目的によりけりでセフレになるパターンです。

具体的には女子大生が学費を稼ぐために援交をしている場合もあり、学費を稼ぐまで定期的に援交関係で、学費を稼ぎ終わった場合などそこからセフレになるようなパターンです。

また人妻が性欲が溜まっている状態で援交をしている場合、女性に気に入られるプレイやテクニックなどをすることで満足させることができればセフレ関係に発展することもあります。

人妻は性欲を満たすことが目的である人が多いので、こういったケースがあり得るんです。

ただ基本的には数回の援交でセフレ関係になることは難しいので、セフレを作りたい場合は援交目的の女性は避けてきちんとしたステップを踏んでアプローチしたほうが良いでしょう。

援交をする上での注意点

援交の場合様々なトラブルになることもよくあります。具体的にはシャワーを浴びている間に財布を盗まれて逃げられてしまったり、財布の現金を取られたり、クレジットカードやキャッシュカードなどの情報をいつの間にか抜き取られてしまう恐れがあります。

対策としては一緒にシャワーは浴びたり、必要以上に現金を持っていったり、重要な個人情報がある身分証やクレジットカード、キャッシュカードなどは援交をする場合は念の為持ち歩かないことです。

また最近ではスマートフォンの個人情報などを抜かれてしまうこともあるので、サブの携帯がある場合はそちらを持っていったり、万が一のことが起こってもリスクを小さくする対策が必要です。

また基本的に条件交渉で確認していない行為は相手から誘われても断るようにしましょう。行為後に追加で請求されることもあるので、料金は行為前にお互い確認して支払うようにしましょう。

女性側も最初にお金をもらうことでヤリ逃げなどの不安要素を少なくすることができるので、必ず前払いで行為をするようにしましょう。

また女性によってはコンドームなしで本番ができる方はいますが、できるだけコンドームは装着するようにしましょう。相手は援交で複数の男性とセックスをしているので性病を持っている可能性もあります。また金銭トラブルのもとになる望まない妊娠を防ぐためにも避妊はするように心がけましょう。

出会い系サイトは大手のものを使う

援交は未成年相手の場合は犯罪になります。しかし女子高生などがSNSなどを使って援交をするケースも存在します。大手の出会い系サイトは基本的に年齢確認をしないと利用できないシステムになっているので、援交を行いたい方は必ず大手の出会い系サイトを使用するようにしましょう。

大手ではない会社が出会い系サイトを運営している場合もありますが、年齢確認がない場合は未成年が潜んでいる場合もあるますし、そういった出会い系サイトは規模が小さいのが相場です。

それゆえ本物の女性のユーザーもほとんどおらず、サクラユーザーが男性ユーザーを騙している状態になっているので、使えば使うだけ損することになります。

援交探しはまず出会い系サイトで

援交は必ず自己責任で行うようにしましょう。またできるだけ知人や友人などにも援交をしていることは伝えないほうがいいです。あとからバレるとトラブルに発展することもあります。

出会い系サイトでは基本的に男性はメッセージ1通あたり約50円ほどのポイントが必要になりますが、援交の場合は話はそこまで長引くことはなく、ポイントを大量に消費することはほぼありません。

また多くの出会い系サイトは初回登録で約1000円から1500円ほどの無料ポイントを配布しているので、複数のサイトに登録して業者などの見分け方を注意すれば無料ポイントだけで素人女性と援交できることも難しくありません。

まずは出会い系サイトに登録してみて実際に使ってみることが大切です。援交目的の出会い以外でも、彼女ができてみたり、セフレを作れたりすることも出会い系サイトでは大いにあり得るので初回登録で配布される無料ポイントなどを有効的に活用してみることが重要です。